飯田女子短期大学リポジトリ

  飯田女子短期大学で作成された学術研究成果を発信・提供します。
 

飯田女子短期大学リポジトリ運用指針

(趣旨)

1.この運用指針は,飯田女子短期大学リポジトリの運用について定めるものとする。

 

(目的)

2.飯田女子短期大学リポジトリの運用は,飯田女子短期大学で作成された学術研究成果を,インターネットを通じて無償で発信・提供することにより,教育・研究活動並びに学術振興に寄与することを目的とする。

 

(定義)

3.飯田女子短期大学リポジトリとは,飯田女子短期大学で作成された学術研究成果を,電子データで収集・保存し、公開するシステムをいう。

 

(管理・運営)

4.飯田女子短期大学リポジトリの管理及び運営は,図書・学術委員会の助言のもと,図書館が行うものとする。

 

(申請者)

5.飯田女子短期大学リポジトリに登録の申請ができる者は,「飯田女子短期大学紀要投稿規程」に定められた投稿資格を有する者とする。

 

(登録の要件)

6.飯田女子短期大学リポジトリに登録できる学術研究成果は次の要件を満たすものとする。

(1)学術雑誌・本学紀要に掲載された学術研究成果であること

2)法令上問題が生じないものであること

3)電子的フォーマットで作成されていること

 (4)その他、図書館長が認めたもの

(登録手続と許諾)

7.申請者は,「飯田女子短期大学リポジトリ登録の申請・許諾書」を図書館に提出することにより,単独又は共同で作成した学術研究成果を登録することができる。なお,登録作業は図書館が代行する。

 

(登録・公開作業)

8.図書館は,申請された当該学術研究成果について,前要件をすべて満たし,公開について支障がないと判断した場合には,次に掲げる登録・公開作業を行うものとする。

1) 当該学術研究成果を複製し,飯田女子短期大学リポジトリを構築するサーバーに登録すること

2) ネットワークを通じて,不特定多数の者に無償で公開すること

3) 保存及び可用性の維持のため,複製及び媒体変換を行うこと


(著作権者の利用許諾)

9.飯田女子短期大学リポジトリに登録された学術研究成果の著作権については,次のとおり取り扱うものとする。

1) 著作権が申請者のみに帰属する場合,申請者は登録する学術研究成果の提供を無償で行うことを許諾するものとする。

2) 著作権が申請者を含む複数の者に帰属する場合,登録する学術研究成果に係る著作権を有する者すべてが,申請時に当該学術研究成果の提供を無償で行うことを許諾するものとする。

 

(公開の停止)

10.図書・学術委員会及び図書館は,次に掲げるいずれかに該当する場合,当該学術研究成果の公開を停止しなければならない。

1) 申請者が公開の停止を希望したとき

2) 当該学術研究成果の公開が法令に違反している場合

3) その他,当該学術研究成果の公開により当指針2.に掲げた目的を果たすための機能に支障が生じていると教授会が認めた場合

 

(免責事項)

11.図書・学術委員会及び図書館は,飯田女子短期大学リポジトリで公開された学術研究成果を利用することによって発生した損害については,一切責任を負わないものとする。

 

(その他)

12.この指針に記載されていない事項については,必要に応じて図書・学術委員会及び図書館が別途協議するものとする。

 

附 則

この運用指針は,平成24年10月3日から施行する。
平成26年7月9日一部改正。